不感症や性的興奮障害を改善する薬、ラブグラ(女性用バイアグラ)

ラブグラは女性用に作られた薬で、不感症や性的興奮障害を改善する効果が期待できる薬です。

服用する事によって血流促進作用が働き、不感症を改善します。

勿論男性用のED治療薬と同様に性的刺激を受けた時にのみ反応する為、そういった刺激が無い場合は薬の作用を感じません。

有効成分はシルデナフィルで、食事の影響を受けやすい為空腹時に服用します。

これによって有効成分を腸から吸収する事が出来るようになるため、血中のシルデナフィルの濃度も最も高くする事も出来、より効果を感じる事が出来ます。

食事をした場合は約2時間以上は空けてから服用します。

服用の際には水かぬるま湯を利用し、服用後30分から1時間程度で効果を感じる事が出来る薬です。

効果の持続時間は約5時間程度となっている為、性行為の1時間程度前に服用します。

報告されている副作用はのぼせやほてり、鼻づまりなどで、これらは人によっても症状の出方が違いますが、ラブグラの効果が消える頃には副作用も感じなくなります。

また、1日当たり100㎎を上限としている為、それ以上の服用は副作用の危険性が高ります。

服用は24時間以上間隔を空ける様にし、連続で利用するものではありません。

ラブグラは硝酸剤と併用してはいけません。

狭心症等の治療をしている人は予め医師に許可を得てから使用します。